ABOUT

HIDESIGN CORPORATION.

  • ハイドサイン株式会社
  • 〒111-0051 東京都台東区蔵前4-6-9 サニープレイスビル別館2F
  • 代表取締役社長兼チーフデザイナー 吉井 秀雄
  • 設立 2005年3月3日
  • 資本金 10,000,000円
  • TEL 03-3866-5180
  • FAX 03-3866-5181
  • URL http://www.hidesign.co.jp
  • 社員数 7名
  • 主要取引銀行
  • 三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・あさひ信用金庫
  • 加盟団体
  • 公益社団法人 日本保安用品協会
  • 一般社団法人 日本高視認性安全服研究所
  • 日本防護服研究会・日本色彩学会
  • Design Equipment
  • CAD
  • SHIMATRONIC APPAREL DESIGN WORK STATION
  • PC
  • Mac Pro×2・iMac×5・Mac book pro×2・Mac book AIR×1・Win(VAIO) ×1
  • PRINTER
  • KONICAMINOLTA bizhubC754e・EPSON PM G4500
  • SOFTWARE
  • Adobe AuditionCC・Adobe MuseCC・Adobe Premiere ProCC
  • Adobe Premiere ProCC・Adobe After EffectsCC・Adobe DreamweaverCC
  • Adobe IllustratorCC・Adobe InDesignCC・Adobe Photoshop Lightroom 4
  • Adobe PhotoshopCC・Adobe SpeedGradeCC・Adobe Encore CS6
  • Adobe Media Encoder CS6・CINEMA 4D・Keynote
  • GarageBand・Microsoft Office for Mac
  • PRESENTATION
  • PROJECTOR Canon LV-8320
  • CAMERA
  • FUJIFILM XT-1・LUMIX GH4・Nikon D700・PENTAX K10D
  • VIDEOCAMERA
  • JVC GZ-X900
  • Wearable Camera SONY FDR-X1000V
  • Main Customer
  • 生地メーカー(50音順)
  • サカイオーベックス株式会社
  • 東レ株式会社
  • 製品OEM商社及び生地商社(50音順)
  • 伊藤忠商事株式会社・株式会社上原商店・サンリッチモード株式会社
  • 株式会社チクマ・牧村株式会社・マスダ株式会社
  • 三菱商事ファッション株式会社・株式会社ユニコ
  • 資材メーカー及び資材商社(50音順)
  • アゼアス株式会社・伊豆義株式会社
  • オラフォルジャパン株式会社・清原株式会社
  • スリーエムヘルスケア株式会社・株式会社ミツボシコーポレーション
  • YKKファスニングプロダクツ株式会社
  • アパレル(50音順)
  • 株式会社エムズ・カーシーカシマ株式会社・株式会社コーコス信岡
  • シーユーピー株式会社・タカヤ商事株式会社・株式会社ユニフ
  • ユニフォーム販売会社(50音順)
  • 株式会社三光白衣・株式会社たまゆら
  • 中央衣料株式会社・株式会社廣瀬商会・ミドリ安全株式会社
  • 広告代理店・印刷関連(50音順)
  • 青葉印刷株式会社
  • 共同印刷株式会社
  • Sugarbabe
  • TBWA\HAKUHODO
  • 海外取引先(50音順)
  • 伊藤忠繊維貿易中国有限公司
  • 天津華達有限公司
  • 菱華商業上海有限公司

BUSINESS

我々は企業に関わるデザインをプロデュース、製作します。

Feel

コミュニケーション

現場を見る、話を聞く、コミュニケーションを行う

コミュニケーション

Think

イメージ構築

デザインを行う、デザイン画を描く

商流やコストを想定する

イメージ構築

Think

イメージの裏付け

生地や副資材を設計、および選択する

イメージの裏付け

Action

コンピューターグラフィックの制作

コンピューターグラフィックの制作、展開をする

コンピューターグラフィックの制作

Action

サンプリング

パターンをひく、サンプルを創る

サンプリング

Action

プレゼンテーション

お客様に説明をする

プレゼンテーション

PROFILE

我々は「圧倒的であること」を目指しています。

作業風景

代表者挨拶

ハイドサイン株式会社は「企業向け制服」のデザイン会社として2005年3月に創業致しました。
約10年の月日が経過した現在、制服デザインから領域を拡げ、企業向けの様々なコンテンツのデザインを手がけるクリエイティブ集団となりました。 コーポレートアイデンティティーに係るビジュアル作成から展示会プロデュース、カタログ、プロダクト、内外装、会社概要、Web、イメージフィルム作成といった企業向けデザインコンテンツビジネスを展開しています。

また、企業制服ビジネスに至っては弊社にはパターン作成、グレーディング、仕様書作成、サンプル縫製を可能とする工房会社と技術力の高いプロの職人を有しております。 「言葉」や「ビジュアル」だけではないガーメントビジネスの基盤を構築する機能を持つことで大手商社、アパレル、販売店と連携した「圧倒的なデザイン性」と「制服に不可欠な機能性」を備えた製品供給で企業様に貢献させて頂いています。

弊社のデザインの基本は「手描き」です。
イメージをダイレクトにデジタルに変換することはデザイン自体に模倣やマンネリ化を招きます。
弊社は、まずアナログで描き込むことで、そのデザインが正しいか否かをクリエイター自身が確認した上でデジタル化を行います。
デジタル化においても弊社は2D、3Dソフトウェアを駆使する高度な創作技術をもっています。
ハイドサイン株式会社の座右の銘は「圧倒的」、どうぞハイドサインに様々なデザインをご依頼下さい。 必ずや「驚きと感動」を供給致します。
デザイン力で企業の文化と業績の向上に貢献致します。

吉井秀雄
ハイドサイン株式会社 代表取締役社長兼チーフデザイナー 吉井秀雄

Corporate Message

STAY CREATIVE 〜常にクリエイティブであれ〜

Corporate Philosophy

ALWAYS THINK 〜常に考える〜
ALWAYS FEEL 〜常に感じる〜
ALWAYS ACTION 〜常に行動する〜

WORKS

ハイドサインが手掛けたユニフォームデザインの実績やその他の企業向けビジュアルデザイン。

UNIFORM

ハイドサインがデザインしたユニフォームの一覧です。

DTP

ハイドサインがデザインした広告や名刺のグラフィックデザインです。

PRIVATE BRAND & LICENCE

ハイドサインの自社ブランドの製品や実用新案です。

VIDEO

ハイドサインで製作した映像です。

※テキストをクリックするとコンテンツが表示されます。
テラル株式会社
会社案内
テラル株式会社様の会社案内のビデオです。2015年から実施される新規制に向けて制定した新たなコンセプト。創業当初から変わらぬ高い品質のポンプの製品は我々の生活の様々な場所で利用されています。
フィルター交換
テラル株式会社様の製品、クーラントろ過装置の特長の「ドラムフィルター」を交換の方法を動画で紹介しています。簡単にフィルター交換が可能な本機はお客様の業務の効率化に大きく貢献しています。
流動解析
テラル株式会社様の製品、クーラントろ過装置で利用されている「流動解析」の技術について。浮上油などの余分な汚れを無くすために、テラル株式会社様では効率よくクーラント液を扱えるように3Dの流動解析シュミレーション行いました。
株式会社山本製作所
展示会用映像
海外の展示会でも製品を出店している株式会社山本製作所様の展示会用映像です。お客様の様々なニーズに対応した製品を自社で作られている山本製作所様の製品のモデリングを行い、勢いのある3Dアニメーションで表現しています。
MIREX
高視認性安全服展示会「MIREX」
再帰性反射材の有用性を実感して頂けるように、会場では様々なシチュエーションを想定したシミュレーションを俳優の方々に実際に行ってもらいました。夜間の視認性は命にも関わる様な大事な事柄です。こちらの映像は反射材の特性をダイナミックに表現したオープニング映像になります。

EXHIBITION

ハイドサインでプロデュースを行った展示会やイベントです。

※テキストをクリックするとコンテンツが表示されます。
高視認性安全服の体感型展示会「MIREX」
服飾資材商社の株式会社ミツボシコーポレーションの主催で2012年3月7日・8日に秋葉原UDX 4F Gallery展示スペースにて再帰性反射材の展示会/Mitsuboshi Retro Reflective Exhibition、通称MIREXを開催しました。
MIREXは高視認性安全服のISOエキスパートである弊社代表の吉井秀雄が率いるハイドサイン株式会社のデザイン(設計)で創り上げました。
毎年、作業中における人対車両事故が1,000件を超える現状において、ワーキングウェア業界では高視認性安全服のグローバルスタンダード化が切望されています。

MIREXは着用ユーザー様に再帰性反射材の特性
*反射輝度が10~1,000カンデラルクス/平方メートルと性能や耐久
性に大きな幅を持つこと
*資材の特性により降雨時に輝度を失うこと

など、今まで着用ユーザー様に行き渡っていなかった情報を正しく知って頂き、 着用シーンに応じて反射材、使用方法を的確に選択して頂く事で、車両事故リスクを有する作業者の事故を減少させる事が目的の展示会です。よって、MIREXの最大の特徴は着用ユーザー様に来訪頂くことでした。
声をかけて頂いた生地メーカー様や商社様、アパレル様のおかげさまをもちまして、二日間という短い期間で116社、260名のご来場を頂きました。
展示会の構成や展示するサンプルのデザイン・縫製を、主催者である株式会社ミツボシコーポレーション様と何度も話し合い、 ロゴデザインからパネルデザイン、製品デザイン、展示会構成をハイドサイン株式会社が行い、サンプル作成をラブクローズ株式会社で行いました。
招待状(DM)のデザイン
本格的な再帰性反射材の展示会をアピールするため実際に再帰性反射材を貼りました。
ウェルカムシートのデザイン
主催者様の挨拶文、すぐにビジネスに反映出来るように連絡先などの詳細な情報を記載しております。
展示会スペースには実際の車両や人が、暗闇でどのように見えるかを体感できるステージを30分に1本のペースで着用ユーザー様に対してステージでアクターが演じる仕組み。臨場感ある照明や音響、ナレーター、アクターの演技、効果映像を作成して頂いたのはソニーPCL株式会社様です。素晴らしい演出でした。
アクターが演じるステージでは例えばこんなデモンストレーション1
暗闇では反射材を施していないワークウェアを着用した作業者が危ないシチュエーションに出くわします。
こちらは同じシチュエーションですが、反射材を施したワークウェアを着用した作業者が安全に業務をおこなっている、というシーンになります。
アクターが演じるステージでは例えばこんなデモンストレーション1
右肩の反射材に雨を想定した霧吹きで水をかけ、来場者様にはLEDライト双眼鏡でその様子を見て頂きます。
右肩の反射材に雨を想定した霧吹きで水をかけ、来場者様にはLEDライト双眼鏡でその様子を見て頂きます。
来場者の皆様にはビーズ式反射材の水がかかっている部分が反射しないことを確認できます。
また製品展示スペースは常に「薄暮から夜間」を想定し、ステージではLEDライト双眼鏡を、展示スペースではLEDライト眼鏡をご来場者様につけて頂きました。ステージに引き続き展示スペースも「体感型」でした。 そして、再帰性反射材メーカー6社の協賛により様々なサンプルを作成しました。 一般的な作業向けはもちろん、学童向け/ペット向け/自転車向け/バイク向けも展示しました。 スポーツアパレル様、学生服アパレル様にも興味を持って頂きました。
まさしく販売側の垣根を越え、着用者に合わせた再帰性反射材を使用目的別にユーザー様へ説明する「新しい展示会」を成功させる事ができ、嬉しく思っております。
東レ株式会社 展示会
東レ株式会社 2011年総合展示会サンプル
東レ株式会社の総合展示会において衣料向けのPET再生繊維を中心としたECO素材を使用したサンプルです。
環境というテーマの元に、「ペットボトルの形をしたスパンコール」を作成したり、「オーロラ」風のプリントを施したり、「正義の味方」をイメージしたり、「重なる森」をイメージしたパネル構成したメッセージ性の強いデザインに仕上げました。
東レ株式会社 2010年展示会サンプル
国内最大手のテキスタイルメーカー東レ株式会社の展示会サンプルです。
与えられたテーマは「未来の溶接服」。 胸には自光式IDカードウィンドウを設置、赤外線ゲートを通過することで個体認識をする想定の難燃アクリル素材で構成されたサンプルです
東レ株式会社 機能製品事業部
耐久性、軽量、ストレッチ、帯電防止、透け防止、吸汗即乾、抗菌防臭……etc.を日夜、試行錯誤して開発される生地の展示会。 生地機能に合ったデザインを構築することで、より生地の特性をアピールします。
素材 東レ株式会社
縫製 サンリッチモード株式会社

PRESS

弊社のプレス情報です。

モノ・スペシャル ワークウエア No.11
セイフティダイジェスト 2月号
安全衛生のひろば 2013年10月号
セイフティダイジェスト 9月号
繊維ニュース 2013年11月22日
繊維ニュース 2014年1月30日
高視認性安全服
High visibility clothing

弊社は路上車両事故を減少させるため、視認性・誘目性の高いユニフォームの研究をしています。

私達は、企業のイメージを損なわないだけではなく、着用者様がどんな場所でも安心安全に働けるユニフォームを目指しております。
特に、工事現場や運送業等における作業中の人対車両事故は、ユニフォームの力で防げる場合も多く、着用者様の安全を配慮する事も企画会社としての務めであると考えます。
長年に渡り取材・研究・実績を重ね、素材一つひとつまで厳選して製作しておりますので、是非皆様のご利用をお勧め致します。
高視認性ユニフォームの国際標準化作業及び国内啓蒙

ハイドサイン株式会社の役割

海外の路上にて
  • 所属団体(2008年〜2013年)
  • ISO20471国内対策準備委員会リーダー(日本防護服研究会)
  • ISO20471エキスパート登録(経済産業省承認ISO国際会議日本代表)
  • ISO20471邦訳版リーダー(一財:日本規格協会発行)
  • 日本色彩学会/安全色委員会
  • 日本保安用品協会
  • 2008年ドイツ・ハーンISO会議出席
  • 2009年ドイツ・ベルリンISO会議出席
  • 2012年フランス・パリISO会議出席
  • 所属団体(2013年〜)
  • JIS T8127原案作成委員会主査
  • JIS T8127分科会主査
  • 一般社団法人日本高視認性安全服研究所代表理事(JAVISA)
  • 国内会議/論文・講演・サンプル作成/生地・製品技術監修

関連著書

ヨーロッパ各国の高視認性ユニフォーム
  • ヨーロッパ各国の高視認性ユニフォーム(写真集)
  • 出版社 国際文化評論社 価格:¥3,150(税込) 送料:¥300
  • A5版フルカラー 43ページ
  • TEL 03-3733-8368 FAX 03-3733-7398
  • ヨーロッパ主要国(※下記参照)の高視認性安全服着用シーンを掲載しています。
  • ※オランダ・スイス・ドイツ・イギリス・ポルトガル・イタリア・スペイン・フランス・ノルウェー・フィンランド・デンマーク・スウェーデン

詳しくはこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

ハイドサインが有する特許・意匠登録及び実用新案の一覧

CONTACT

必須項目は必ず入力するようにお願いいたします。

お名前(全角)

会社名(全角)

郵便番号 (ex.1110051)

ご住所

電話番号 (ex.0331805180)

FAX番号 (ex.0331805181)

メールアドレス

お問い合わせ内容


Page Top